2018年11月10日

昨日 11月8日(木)の講義報告です。 

昨日、11月8日(木)の講義の報告です。
 午前中は、現在開催中の「第70回 正倉院展」の見学を行きました。当日は9時に集合だったにですが、私が遅刻をしてしまい、到着した時にはすでに、皆様は入場をされておられました。 申し訳ありません。
 正倉院展は、いつもすごい人気で、土日には待機テントから人が溢れ、2時間待ちとなります。今回、平日の開館直後と言う事で、スムーズに入れましたが、遅れた私が入場した時には、館内は人が溢れ、展示物には2重、3重の人垣が出来て数分は待たなければなりませんでした。早く入られた他の方は、それほど混雑も無くじっくりと鑑賞されたと思います。
 正倉院展の御物がこれほどの人気かと考えると、1300年の時間を超えた本物の重みを感じる事ができるからだと思います。また自分のルーツを感じる事がdけいるからだと思います。
 間もなく「正倉院展」が終わります。もし、行かれておられない方は、一度は鑑賞される事をお勧めいたします。

 「正倉院展」を見学後、昼食を食べてから、いつもの、奈良ボランタィアインフォメーションセンターに移動をして、2限目(14:15~15:45)として、「南都七大寺物語」と言う題目で、徳南 毅一 先生(NPO法人奈良まほろばソムリエの会:講師)講義を受けました。
シリーズ講和 “神の国から仏の国へ”3回シリーズの3回目で、奈良時代に、仏教は鎮護国家の目的と結びつき、奈良の都に次々と寺院が建立され、七大寺は奈良朝栄華の象徴、栄光の歴史と素晴らしい文化財を紹介して頂きました。

 ①東大寺  745年 聖武天皇   盧舎那仏 華厳宗
 ②興福寺  710年 藤原不比等  釈迦如来 法相宗
 ③西大寺  764年 称徳天皇   四天王→ 釈迦如来    法相宗→真言律宗
 ④元興寺  718年 蘇我馬子   釈迦如来→智光曼荼羅図 三論宗→真言律宗
 ⑤大安寺  716年 聖徳太子   釈迦如来→十一面観音薩 三論宗→真言宗
 ⑥薬師寺  718年 持統天皇   薬師三尊 法相宗
 ⑦唐招提寺 759年 鑑真和上   盧舎那仏 律宗

 これら七つの寺をあらためて見てみると、その歴史の重さとその数奇な運命に驚きを覚えます。今後永劫に、未来の人々がこれらの寺が存続して、心の安らぎを持てる場所であってほしいと思いました。
posted by 山ちゃん at 23:24| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お世話になりありがとう御座います。12月の正式な予定がいただければありがたいのですが、当方勝手なお願いで申し訳ありませんが、お待ち致しております
Posted by オノダモリタカ at 2018年11月11日 16:49
歴史探偵の気分になれるウェブ小説を知ってますか。 グーグルやスマホで「北円堂の秘密」とネット検索するとヒットし、小一時間で読めます。北円堂は古都奈良・興福寺の八角円堂です。 その1からラストまで無料です。夢殿と同じ八角形の北円堂を知らない人が多いですね。順に読めば歴史の扉が開き感動に包まれます。重複、 既読ならご免なさい。お仕事のリフレッシュや脳トレにも最適です。物語が観光地に絡むと興味が倍増します。平城京遷都を主導した聖武天皇の外祖父が登場します。古代の政治家の小説です。気が向いたらお読み下さいませ。(奈良のはじまりの歴史は面白いです。日本史の要ですね。)

読み通すには一頑張りが必要かも。
読めば日本史の盲点に気付くでしょう。
ネット小説も面白いです。
Posted by omachi at 2018年11月14日 16:26
コメントを書く
コチラをクリックしてください