2019年01月07日

明けましておめでどうございます。

 皆様、明けましておめでとうございます。と言っても、遅いぐらいの挨拶となりました事をお詫び申し上げます。
昨年中は、本講義の活動にご協力を頂き、誠にありがとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
ご存知の様に、昨年12月21日に日本を出発して、15日間ベトナムのホーチミンのメコンデルタ周辺を放浪して、昨日の1月6日に無事帰国をいたしました。日本のクリスマス、お正月を知らずに過ごしました。
 現地では、28度でTシャツ、ハーフズボンと言う夏服で過ごしていましたので、関空に到着した時の8度の寒さは、冷蔵庫に飛び込んだ様な寒さを覚えました。
 到着した都会のホーチミン以外は、日本人に出会うことも無く、昨年のタイ北部の奥地の旅行に続いての、現地の人々の中に溶け込んだディ―プな不良シニアの旅を行いました。
 いっぱい体験した事を写真に撮影し、熱が冷めない内にまとめて、10日の講義の中で皆様にお伝えしたいと思います。ちょっとでも、皆様の興味、関心を高める事が出来れば幸いです。よろしくお願いいたします。

posted by 山ちゃん at 10:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月09日

明日(1/10)は新年度の講義が始まります。よろしくお願いします。

 明日(1/10)より、新年度の講義が始まります。皆様よろしくお願いします。
また、その最初が私のベトナム旅行の報告となり、皆様の耳を汚す事になりますが、ご容赦をお願いします。
泥縄と申しましょうか、先ほどパワーポイントで講義の資料を作成いたしました。 
 まあ、間に合って良かったと思います。
お正月は家内実家に挨拶をしてないので、これから出かけます。きっとご馳走を準備されていると思います。飲みすぎないようにしようと思います。
 では、明日よろしくお願いいたします。

尚、部屋の予約状況から、開始時間が昼からの 「12時30分」 となっております。くれぐれも午前中に来られ無いようにお願いいたします。


★ 1月10日(木)
  1限目(12:30~14:00)
    題目:南ベトナム放浪記 (不良シニアは何処へ行く? 12/21~1/7) 
      年末年始をベトナム南部のホーチミンへ行ってきます。皆様に今のべトナムの生の様子を伝え出来れば幸いだと思っております。
    講師:山野 隆司 
  2限目(14:10~15:40)
    題目:『もう一度!法隆寺を観る、知る、学ぶ』 ① 法隆寺の建造物
    講師:柏尾 信尚 先生 (NPO法人奈良まほろばソムリエの会:講師)
posted by 山ちゃん at 18:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月12日

昨日(1/10)講義を行いました。

 昨日(1/10)、新年度の講義を行いました。多くの皆様が来て頂き感謝をしております。ありがとうございます。
1限目(12:30~14:00)は、南ベトナム放浪記 (不良シニアは何処へ行く? (12/21~1/7)と題して、私がこの年末・年始に行ったベトナム南部のホーチミンの報告をさせて頂きました。旅行業者のツアーでは無くて、自分で飛行機・ホテルを予約し、現地の方々が使う公共交通を使って、現地の方々の目線で旅行をしたので、皆様に新鮮な情報が伝えられたのではないかと思います。
 まとめで話をしたのですが、
 ★ ベトナムが急激な発展をしている。世界が動いている・・・って言う事を肌で感じる事ができる。
 ★ 言葉(英語)が通じなくても、コミュニケーションはできる。
 ★ 平和が人を幸せにしてくれる。(戦争は不幸を生み出す。)

 そして最後に、「探求心」は人生を豊かにしてくれる。事を感じました。皆様も多様な面でチャンレンジをして頂き、自己の充実を図って頂きたいと思います。

グラフィックス1.png

  2限目(14:10~15:40)は『もう一度!法隆寺を観る、知る、学ぶ』 ① 法隆寺の建造物 と言う題目で、柏尾 信尚 先生 (NPO法人奈良まほろばソムリエの会:講師)に行て頂きました。
 ご存知の様に、世界で最も古い木造建築物であり、世界遺産である「法隆寺」詳細を教えて頂きました。先生の講義を聞かせて頂くと、この講義の為に、多くの時間を割いて準備をして頂いた事に感謝をいたします。
 奈良に住む私たちにとって、他方に法隆寺に関して、蘊蓄を語る材料を与えて頂きた様な感じがしました。今後、仏像・宝物等の講義もして頂く予定をしております。楽しみにしております。今後もよろしくお願いいたします。
posted by 山ちゃん at 00:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする