2018年01月07日

ニュージーランドの旅を終えて帰国いたします。

皆さん、ご無沙汰をしております。
遅いですが、明けましておめでとうございます。

 昨年の12月22日に関空を飛び立ち、17日間のニュージーランドの旅を終えて、現在、オークランド空港で帰国の飛行機を待っており、明日の昼に関空に到着する予定です。
 先ほど、キャンピングカーを返却いたしましたが、北島の南端から北端までめぼしい所は、見て回りました。結果的に走行距離が3500kmとかなりの距離を移動しました。そこには私の好きなオーストラリアとは異なった風景が広がっておりました。
 起伏に富んだ草原と森林は映画「ロード・オブ・リング:指輪物語」の世界観を見ることができました。沢山の経験と伴に写真を撮影しましたので、旅行を書きたいと思います。

 帰国後すぐに講義があり、普段の生活に戻りますが、この旅で経験して得たものを次のステップに生かしたいと思います。

 不良シニアの私はは今後も何処かへ飛んでいきますが、よろしくお願いいたします。
posted by 山ちゃん at 15:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月08日

えらいこっちゃ!! 明日(1/9)の講義は4名です。

 本日の昼に関空に帰国をし、4時頃に帰宅をいたしました。深夜便で一日のフライトになったので、疲れもあって荷物の片付けもせず、コタツで居眠りをしておりました。先ほどお腹が減った事もあって、身近にある物をお腹に入れて、元気になったので自宅のPCに向かって明日の講義の準備をしようと、出席確認の意味でデ伝助を見たのですが・・・。

 思わず「4名???? ってなっておりました。https://densuke.biz/list?cd=v5eMYUuHwK4cbSt9
出国する前は、9名でしたので、キャンセるが増えてこの様な結果になったと思います。
 今の段階で中止をする事は出来ないので行いますが、講師の先生方には非常に失礼な事になって、申し訳なく思っており、頭が重くなっております。

 この様な状況ですので、もしご都合がついてご出席いただける方があれば、よろしくお願いいたします。

① 1月9日(火)大和郡山 三の丸会館 音楽室・研修室・茶室
 1限目 題目:「大和路秀麗十一面観音巡拝~県下の著名な十一面観音を紹介~」
     講師:小野 哲朗 先生(NPO法人奈良まほろばソムリエの会:講師)     
 2/3限目は、茶室の関係で10名程度に分かれて、交互にAとB講座を受けて頂きます。
  A講座:題目:煎茶道入門 初煎会
      講師:渡辺 民江 先生
  B講座:題目:折り紙講座 Ⅱ
      講師:桧山 恵美子 先生(日本折紙協会折紙講師)
posted by 山ちゃん at 20:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月09日

本日(1/9)の講義は無事終わりました。

 本日(1/9)の講義は、二人の追加があって6名で行う事ができました。(と言っても、ちょっと寂しい講義でしたが・・・・。)
 1限目は「大和路秀麗十一面観音巡拝~県下の著名な十一面観音を紹介~」と言う題目で、小野 哲朗 先生(NPO法人奈良まほろばソムリエの会:講師)に行って頂きました。全国に7体の国宝の十一面観音があるそうですが、その内3体は奈良県に存在をいたします。奈良の奥深さを感じます。講義の中で、十一面観音の表情が前の三面、右側の三面、左側n三面、後ろ一面、頭頂部の一面のお顔にはそれぞれ特徴があって、観音信仰と人との関係を考えさせられる内容でした。今後、仏を無る時にとても参考となる内容でした。

P1080670.JPG

 2限目は、茶室で「煎茶道入門 初煎会」として渡辺 民江 先生に指導をして頂いました。新しい年を迎えて良い危険をさせて頂きました。ちょとした気遣いが、合理的な動きを行う事で、とても美しい所作ができる事を痛感をいたしました。自分では正しい行動をしていると考えていても、先生の指摘でそれが我流である事を痛感いたしました。今後、茶席で少しでも恥をかかないことができる様になったと思います。

P1080673.JPG

P1080676.JPG

 3限目は「折り紙講座 Ⅱ」として、桧山 恵美子 先生(日本折紙協会折紙講師)にお願いをいたしまた。「腹ペコ青虫」を題材として、折り紙の作り方をお教え下さいました。作る毎に、折り紙の奥深さと、お面白さを感じる事ができました。

P1080678.JPG

P1080677.JPG

 本日は人数が少ないのが残念であり、ニュージーランド帰国後すぐの講義で私の準備不足もあって、講師の先生方に申し訳なかったと思っております。申し訳ありませんでした。
 でも、参加して頂いた方には、逆に濃度の濃いものであったのではないかと思っております。

 まだまだ、講義は続きますが、今後もよろしくお願いいたします。
posted by 山ちゃん at 23:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする