2017年07月08日

7月7日(金)の講義の報告です。

 本日(午後12時を越えたので昨日かな?)7月7日(金)の講義を無事終える事ができました。三の丸会館 音楽室に23名(新たに5期生の方が2名が見学に来て下さいました。)集まって行いました。
 ちょっと、1時間目の中村 満代先生が、私の家に近かったのでお迎えをしたので、到着がちょっといつもより遅くなってしまったのです。ドアを開けると、すでに皆さんがすでに教室に居られて、ちょっとびっくりいたしました。 主催者はもっと早く来なくては・・・ と思ってしまいました。

 1限目(10:20~11:50)は「簡単な整理整頓術」と言う題目で、中村 満代 先生(アイムラッキーカンパニー:代表:整理収納アドバイザー)に行って頂きまました。
     
 170707_1025~001.jpg

 七夕に合わせて頂いたのか、浴衣姿に講義でした。今、私は自分の部屋でPCを前してこの記事を書いておりますが、椅子の周囲は資料の紙が満ち溢れ、床にも散らばっております。当然、文房具をへ始め、服、釣り道具、音楽機材・・・。あらゆる物が雑然と散らばっております。
 「すぐに使うから・・・」「いつ必要になるかおしれないから・・・」と言い訳をしながら、結局は必要な時に、「どこに有るのかな????」って言う事が多くあります。
 特に、年齢を重ねると物忘れが多くなるので、思い出がいっぱい詰まっていて、なかなか整理ができないのが実情です。今日、先生の話を聞いて、物が満ち溢れる事が決して豊かな生活の象徴ではなくて、いかにシンプルに、有効に物を使うことが大切であるかを認識いたしました。
 後は、実勢にするのみ・・・。 でも、正直言って。いつ踏ん切りができるのかな??? と思う私でした。 

 2限目(12:40~14:10)は、落語「鹿政談」に見る江戸時代の奈良と言う題目で、西川 誠先生(NPO法人奈良まほろばソムリエの会:講師)実施して頂きました。
 今までの、奈良まほろばソムリエの会の講師さんとは違って、「落語調子」の講義は、私にとってとても新鮮に聞こえました。特に私の好きな、桂米朝さんの「鹿政談」ですから聞き入っていまいました。
 その口調、やっぱり米朝風でした。 https://www.youtube.com/watch?v=2jSLqV-mky0

170707_1302~001.jpg//


 ちなみに、「三遊亭圓生」「柳家小三治」もありますが、やっぱ米朝さんですね。・・・http://rakugo.ohmineya.com/%E9%B9%BF%E6%94%BF%E8%AB%87%EF%BD%9E%E7%B1%B3%E6%9C%9D%E3%83%BB%E5%B0%8F%E4%B8%89%E6%B2%BB%E3%83%BB%E5%9C%93%E7%94%9F%E3%83%BB%E5%9C%93%E6%AD%8C%E3%80%90%E5%8B%95%E7%94%BB%E3%80%91/

 まあ、余談はこれくらいにして、奈良を題材にした落語が少ない中で生まれた「鹿政談」と言お話は、当時の奈良の姿を現す貴重なお話でないかと思います。奈良に在所をする者として知って頂ければ幸いです。

 おっと、お時間となりました。お後がよろしいようで・・・。豆で帰ります。
 
 さて、最後の3限目(14:30~16:00)の講義は「大和の民俗芸能」と言う題材で鹿谷 勲 様(奈良民俗文化研究所:所長)にお願いをいたしました、。先生は奈良の民俗学で多くの知見を持たれ、多く大学の講師をされおられます。
170707_1546~002.jpg

 わずか1時間30分の講義ですので、そのお話は、本当に奈良の民俗学の概略的な内容にならざるを得ない中で、多くの写真を見せて頂き、奈良のおまつりの大まかな内容を知る事ができました。
 私が下手に説明するより、先生の「奈良民俗文化研究所」https://www.facebook.com/naminken/を見て頂いた方が良いと思います。
 民俗学に興味のある方は、公開講座をされるので、ご参加をされればどうでしょうか?https://www.facebook.com/naminken/photos/a.317510411771146.1073741827.317508645104656/683306131858237/?type=1&theater よろしくお願いいたします。

 7月の講義が始まりました。と言っても後2回で夏休みに入ります。最後まで、良い講義を続けたいと思います。今後もよろしくお願いいたします。
 
 
posted by 山ちゃん at 00:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月11日

明日、7月12日(水)の講義について

 足の講義は、大和郡山城ホールの2階の会議室Cとなっております。場所を間違わない様に起こしください。
講義の内容ですが、お知らせした様に、1限目は題目:「こうもり この不思議な動物にせまる」を講師:前田 喜四雄先生(NPO東洋蝙蝠研究所理事長・奈良教育大学名誉教授)にお願いをしていたのですが、
先日の講義はメールでお知らせしたように、「こうもり この不思議な動物にせまる」を講師:前田 喜四雄先生(NPO東洋蝙蝠研究所理事長・奈良教育大学名誉教授)にお願いをしていたのですが、奥様が入院をされた関係で、キャンセルとなりました
 代わりとして急遽、「タウナギ!!この不思議な動物にせまる」で講師:松本 清二先生(元橿原市昆虫館研究職員:農学博士)になりました。多くの方が、6月25日(日)の7時からの10チャンネル「鉄腕ダッシュ」http://www.ntv.co.jp/dash/tetsuwan_new/html/index.html を観られたと聞いていおります。その事も含めて、詳しくお話をして頂ける予定をしております。
を受けました。 講義ではこの話が出てくると思いますので、お時間のある方はご覧下さい。よろしくお願いいたします。

 3限目は「紙こより絵画」です。必要な物品は中田 信吾 画伯様の方で準備をして頂けるので、皆様が準備される物はありませんが、絵画ですので、服が汚れる場合がありますので、汚れても良い服装の準備をお願いいたします。

② 7月12日(水) やまと城ホール 会議室C

 1限目 題目:「タウナギ!!この不思議な動物にせまる」
     講師:講師:松本 清二先生(元橿原市昆虫館研究職員:農学博士)
 
 2限目 題目:これで分かる!額田王
     講師:橋本 篤実先生(NPO法人奈良まほろばソムリエの会:講師)
 
 3限目 題目:紙こより絵画
     講師:中田 信吾 画伯(紙こより画家:表さんより紹介)
posted by 山ちゃん at 13:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月13日

昨日7月12日(水)の講義の様子です。

 昨日講義が終わりました。24名の方が参加をして頂きました。多くの方がご参加頂きありがとうございます。
 1限目は、「タウナギ!!この不思議な動物にせまる」と言う題目で、松本 清二先生(元橿原市昆虫館研究職員:農学博士)に行って頂きました。6月25日(日)の「鉄腕ダッシュ」を見て頂いていたので、おおくの方がタウナギを知って頂いておりました。 先生は、タウナギに関して数少ない専門家で詳しい学会に発表された内容レベルのお話を、素人にも判り易内容でお話をして頂きました。
 タウナギは、性転換をする魚で大きさが小さ時は「雌」、大きくなると「雄」になり、また魚でありながら肺呼吸をする(エラ呼吸をしないので、水の中では溺れる魚です。)、巣穴で越冬をすると言う珍しい生体をもっております。また、雄は巣穴を中心に縄張りを持ち雌に対して独特の求婚行動を持つと言う。魚では興味深い魚であると言う事が判りました。先生には、今後も研究を重ねもっとこの不思議な生き物の秘密を解き明かして頂きたいと思いました。

 2限目は、「これで分かる!額田王」と言う題材で、橋本 篤実先生(NPO法人奈良まほろばソムリエの会:講師)に講義をお願いいたしました。額田王は、飛鳥時代、日本が国の体裁を確立する時代、動乱の時代に生きたい女性として多くの方に知られています。(時代の流れから言うと、卑弥呼の次に出てくる女性かな?)
その生き様は万葉集、日本書紀に書かれいます。それを元に、多く研究家が諸説を出されておられます。
そのことを含めて、先生が解説をして頂きました。
 今でも、額田王の墓は見つかっておりません。桜井だろうと言われています。もし、碑文だけでも見つかったら・・大きな話題になると思うのは私だけでしょうか?
 
 3限目は「紙こより絵画」を中田 信吾 画伯(紙こより画家:表さんより紹介)に行って頂きました。私がとやかく言うより、画像を見て頂くと様子はお判りになって頂くと思います。絵を描くことの楽しさを再認識した時間でした。

170712_1440~001.jpg

170712_1451~002.jpg

170712_1451~002.jpg

170712_1501~001.jpg

170712_1455~001.jpg

170712_1456~001.jpg

170712_1511~001.jpg

170712_1521~001.jpg

 本日講義を頂いた先生方ありがとうございます。また参加頂いた皆様ご苦労様でした。充実をした時間を過ごして頂ければ幸いです。今後もよろしくお願いいたします。
posted by 山ちゃん at 10:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする